花柄のカップ


わたしの既存のスタイルじゃないんですが、今日、やけに気に入ってしまって買いました。

MADE IN CHINAかKOREAかと思ったら、

POLANDでした。

おお、こんな遠くまで来てくれたのね。



わたしここ数年は、こういうスタイルの陶磁器が好きだったんですよね。

かつての銀ピカ金ピカ、カラフル好きな韓国で、(九谷焼き好きとか)、こういう渋くてゴツくてややいびつな陶磁器が流行したんですよ。

原始朝鮮への回帰なのか、日本の渋みへの理解か、はたまた起源主張かはともかく、

この流行は味わい深くて気に入ってました。流行も年月がたつと洗練されて来て、去年あたりからは自分でも買ってました。

うちは基本、食器はだいたい白か褐色で揃えてましたが、(末っ子はピンクで)

でも、

今日は、花柄の気分でしたねー。^^

(明日は変わってるかもしれませんが。^^;)

税務署に行って肩透かしの記念?というか。




さっそくお茶を淹れてみると、

持ちやすく、バランスがよく、口をあてるととても心地良い丸さと厚みと滑らかさとカーブ。

触覚をも満足させてくれるカップです。

さすがポーランドなのでしょうか。

食器棚の中でひとつだけ違うオーラを放ってます。

お皿がコンパクトなのも良い。



他の家族の好みではないので、1セットだけ買いました。

わたし専用ということで。^^

ティータイムが楽しくなりますね。

彩りもいいもんだ。

0コメント

  • 1000 / 1000